【驚愕】羽生結弦が結婚した嫁の正体が"石川佳純"の真相に驚きを隠せない...プロ転向したフィギュアスケート金メダリストが競技選手を復帰する時期がヤバすぎた...!
2024/06/10

広告

羽生さんはかつてカナダ・トロントでのインタビューで、「オリンピックを連覇してアイスショーで主役を張れるようになったら結婚したい」と語っていました。そして、その言葉通りに全ての目標を達成した羽生さん。彼を陰ながら支え続けた女性がいました。それは、母である由美さんです。専業主婦の由美さんは、羽生さんの選手時代から国内外の試合に必ず同行し、最も彼のコンディションを把握していた存在でした。

羽生さんの母への信頼は絶大で、周囲からはまるで恋人のようだと言われるほどでした。羽生さん自身も、「親子だからこそ言葉にしなくても伝わる絆や愛情がある」と母への感謝を語っています。羽生さんはこれまで熱愛報道や週刊誌に取られたことが一度もなく、母親の厳しい管理のもと、女性関係は徹底的に守られてきました。

羽生さんの結婚相手として重要なのは、食事や健康管理のスキルです。幼少期から喘息の治療が必要で、体が弱かった羽生さん。その上、好き嫌いも多く、食も細かったため、母の由美さんは彼が食べてくれるもので栄養価の高いものを工夫して料理してきました。試合の際には日本から米を持参し、おにぎりを用意するなど、細心の注意を払っていました。

広告

また、羽生さんのプライベートを完全に切り分けて活動する方針から、口の固さも求められます。結婚どころか交際相手の存在すら親しい関係者にも伏せてきた羽生さん。入籍発表が事前に漏れなかったことから、相手側の情報管理能力も高く評価されています。

さらに、羽生さんのスケート愛を受け入れられる器も必要です。羽生さんにとって、スケートは人生そのもの。彼と共に高みを目指せるパートナーでなければなりません。

最後に、羽生家の絆に対する深い理解が求められます。羽生さんの元コーチで恩師の鈴木昭一郎氏も、「羽生家のサポートがあってこその成功だった」と語っています。羽生さんは昨年、地元仙台市内に建つ高層マンション最上階の部屋を二つ購入しました。一つは羽生家のため、もう一つは新たな家族のためとされています。結婚相手についての詳細はまだ明らかにされていません。

広告

AD
記事
速報