【驚愕】山川穂高の"強制わいせつ"事件の被害者女性の夫が登場...怒りの発言に恐怖した...『WBC』侍ジャパンで活躍したプロ野球選手が所属する西武に秋山翔吾が戻らなかった本当の理由がヤバい...
2024/06/10

山川選手は知人女性を都内のホテルに連れ込み、性的暴行を加えた疑いがかけられています。被害女性の室内や下半身に出血が見られたため、当初は強制わいせつ致傷の容疑で被害届が提出されました。しかし、後に容疑は強制性交等に変更され、警視庁麻布署が彼を書類送検しました。

この事件が大きく報道される中で、山川選手の性癖や被害女性との関係が注目されました。西武球団関係者によると、山川選手は無理やり大人のおもちゃを使用したことが最大の問題であるとのことです。被害女性は結婚しているとの情報もあり、夫が示談を拒否している可能性もあります。

事件後、山川選手と球団の顧問弁護士、被害女性の弁護士が集まり、示談交渉が行われました。球団側は一億円の示談金を提示する予定でしたが、山川選手が納得せず交渉は決裂しました。彼の「僕は西武じゃなくても野球できますからね」という発言が交渉の場をさらに悪化させました。

プロ野球界も世論を無視できない状況となり、山川選手の今季の試合復帰は絶望的です。仮に不起訴となっても、不貞行為の事実は重く、即一軍復帰は難しいでしょう。球団は既に山川選手関連の広告を撤去し、グッズの販売を停止しています。

広告

検察の判断は6月中に出る見込みですが、女性側の代理人弁護士は性犯罪の専門家であり、不起訴となっても検察審査会に持ち込まれる可能性があります。そのため、復帰の道は依然として険しいです。

山川選手は自身の行動の重大さを認識し、今後の処分を受け入れる必要があります。球界に戻ることができるかどうかは、司法の判断に委ねられていますが、彼の未来は非常に厳しいものとなるでしょう。

広告

AD
記事
速報