女子アナ論争に火をつけた永尾亜子!『悪』のレッテルに元フジから鋭いツッコミ
2024/04/02

広告

大谷翔平選手の私生活が注目される中、水原一平通訳の問題でドジャース内の雰囲気が一変しました。特に大谷選手の結婚に関する話題が、ファンやメディアの間で盛り上がっています。結婚相手は元バスケットボール選手の田中真美子さんで、彼女に関する記事は性格の良さや料理の上手さなど、ポジティブな内容が目立っています。ファンからは、「一平通訳の問題後に真美子さんがそばにいてくれて本当に良かった」という声も多く聞かれます。

また、大谷選手の結婚相手が女子アナウンサーやアイドルではないことに対する、一部のポジティブな反応がSNS上で見られました。これは、過去に大谷選手の両親が「女子アナや女優とは結婚させない」と述べていたと『週刊文春』が報じたことに由来します。実際に女子アナの中には大谷選手を狙う動きもあったようですが、大谷選手は異なる選択をしました。

この結婚話題の中で、元フジテレビアナウンサーで現フリーランスの永尾亜子さんがX(旧ツイッター)に投稿した内容が注目されました。彼女は、アナウンサーを「女子アナ」と称する現状に疑問を投げかけ、「女子アナに行かず偉い」という表現に対して、女子アナが否定的に捉えられることに悲しみを表現しました。

広告

永尾さんは、人々から「女子アナっぽくない」と評価されており、アナウンサーとして好評を得ていましたが、後に異動し、フジテレビを退社。その退社の背景には、彼女の朝の苦手さが関係しているとも報じられています。

永尾さんのこの発言は、テレビ業界内外で様々な反応を引き出しました。フジテレビのある幹部は、アナウンサーが「女子アナ」というレッテルを好まない現状に触れ、永尾さんの発言に違和感を示しました。永尾さんの投稿は、結局のところ、彼女がアナウンサー時代に「女子アナ」としてのイメージを追求していたのかもしれないという推測を呼び起こしました。永尾さんは、自身の発言について、「擁護してほしいわけではなく、相手を問わずおめでとうと言いたかっただけ」と釈明しています。

大谷選手の結婚話題は、多角的な視点から見ることで、現代のメディアや公の人物に対する世間の見方、特に女性アナウンサーに対するイメージとその変化を考えさせられます。永尾さんの今後の活動にも注目が集まります。

広告

AD
記事
速報