新幹線で「席を変えてくれませんか?」家族への一言が予想外の展開に…
2024/03/26

広告

新幹線の旅は多種多様な人々が集まり、予期せぬ出来事が起こる場となることがあります。特に、椹野さん(@MichiruF)が体験した一件は、その典型的な例と言えるでしょう。彼が新幹線の車内で遭遇したのは、一見普通に見えるが実はかなり不可解な事態でした。「席を替わってください」との要求を受けたのですが、要求した人物はそもそも指定席を予約していませんでした。

最近、指定席を予約せずに空席に座り、指摘されるまでその場に留まり、指摘されても別の空席に移動する人が増えているとのこと。この現象は、椹野さんだけでなく、他の多くの乗客にとっても共通の経験となっているようです。一部の乗客は、断ると暴言を浴びせられることもあると言います。

広告

この問題に対するネット上の反応は様々です。中には夜行バスで同様の経験をしたという人もおり、「席を替わってもらえませんか」と頼まれたものの、実際には別のバスに座っている友達の席と交換するためであったという驚きの話もあります。また、家族で指定席に座っているにも関わらず、他の乗客から席を替わるように言われることへの非難の声も挙がっています。

このような状況は、車掌が一人ひとりのチケットを確認する作業がなくならない理由の一つとも言えるでしょう。社会的なマナーやルールを守り、他人に迷惑をかけないことの重要性を、改めて考えさせられる出来事でした。新幹線の旅は便利で快適なものであるべきですが、このようなトラブルに遭遇しないためにも、互いに思いやりを持った行動が求められます。

広告

AD
記事
速報