大谷翔平の会見で浮かび上がった疑惑と報道の真相
2024/03/27

広告

今回の記事では、大谷翔平選の元通訳、水原一平士の違法賭博問題について、日本とアメリカでの受け止め方の違いや大谷選の声明文の内容、アメリカメディアの反応、そして大リーグにおける多様性への取り組みについて話したいと思います。また、大谷選が3月26日に行った声明文では、大谷選は信頼していた水原氏の裏切りにショックを受けたと述べており、自身は賭博には一切関与していなかったと主張しています。さらに、アメリカメディアでは大谷選が被害者面をしており、一方で大谷選が差別的な扱いを受けているのではないかという疑問が提起されています。この記事では、大谷選の潔白の立証とともに、人種差別の問題について深く考える必要があると述べています。また、水原氏の違法行為について詳細が明らかにされておらず、大谷選の関与や水原氏の法について疑問が残っていると指摘されています。最後に、差別意識は簡単には消えないものであり、大谷選のような存在が偏見と戦い続けることの重要性が示されるとしています。

大谷翔平選の生命文発表に注目

大谷選は3月26日に生命文を発表し、水原氏の違法賭博問題に関して初めて言及しました。会見には73人もの報道人が詰めかけ、大谷選への注目度の高さが伺えます。

生命文の中で大谷選は次のように述べています。「僕も話したかったので嬉しく思っている。関係者の皆さんもファンの皆さんも、僕自身も厳しい1週間だったと思うが、皆さんも含めて我慢していただいてありがたいと思っている。

広告

僕自身も信頼していた方の誤ちというのを悲しくショックですし、今はそういう風に感じています。僕自身何かにかけたりスポーツイベントにかけたり頼んだこともないですし、送金を依頼したこともありません。数日前まで彼がそうしていたことも知りませんでした。結論から言うと、彼が口座からお金を盗んで僕の周りみんなに嘘をついていた。大谷選は水原氏を深く信頼していただけに裏切られたショックは計り知れません。一方で自身は一切賭博に関与していないことを強調し、潔白を訴えました」。

アメリカメディアの反応

アメリカメディアでは、この事件に対する反応も様々です。一部では大谷選を批判する声もありますが、全国紙USATODAYは大谷選を厳しく批判しています。一方で、ロサンゼルス在住の日本人記者は、アメリカ人記者の中には大谷選の携帯電話利用などからギャンブルに関与していた可能性を汲み取ろうとする声もあると報告しています。

大谷選の人種差別的な扱いの疑念

大谷選が犯罪者扱いされるのに対し、同じような立場の白人選ならばここまでバッシングされなかったのではないかという疑問が浮かびます。アメリカには人種差別の意識が根強くあり、大谷選のアジア人であることが彼への批判を増幅させている可能性があると指摘されています。

水原一平さんと違法ブックメーカーの関係

水原一平さんは違法ブックメーカーのマシューボーヤーと知り合ったのは2021年のポーカーゲームでした。

広告

マシューボーヤーさんは南カリフォルニア州に在住の違法ブックメーカーであり、水原一平さんの信用枠を超える借金をしてしまった経緯があります。この件に関しては、マシューボーヤーさんが大谷選と直接関わりがあったのかははっきりと分かっていません。

他にも大谷選が怪しいと言われる理由がいくつか挙げられています。たとえば、水原一平さんの年収が同じプレーヤーの信用枠に合わないことや、大谷選の広報担当者が最初は大谷翔平選が借金をカバーするためにお金を送金したと発表したが、翌日には窃盗の被害者であると弁護士が発表したことなどが挙げられます。

広告

AD
記事
速報