32歳高畑充希 「光る君へ」で13歳に 夫役は20歳年下も違和感なし ネット驚がく
2024/03/31

広告

NHK大河ドラマ「光る君へ」で、井浦新演じる道隆の娘・定子(高畑充希)が元服したばかりの一条天皇(演:柊木陽太)に入内し、その仲むつまじい様子が描かれました。一条天皇を演じる柊木陽太は12歳、定子を演じる高畑充希は32歳と、実際には20歳の年齢差がありますが、ドラマ内での二人の関係性はその年齢差を感じさせません。一条天皇がわずか7歳で即位し、11歳で元服、その数日後に13歳の定子が入内します。ドラマでは、緊張する天皇を定子が変顔で和ませたり、かくれんぼをして仲を深めるなど、姉と弟のような無邪気な関係が描かれています。

この20歳の年齢差を超えた演技に、視聴者からは高畑の演技力への称賛の声が多数上がっています。「当時数え14歳の藤原定子にガチ芝居を寄せてくるのが高畑充希という役者の恐ろしさ」「高畑充希さん、ちゃんと13歳の少女になり切っててすごい」といったコメントが寄せられ、実際の年齢差を感じさせない二人の演技に驚きの声が上がっていたというエピソードです。

広告

AD
記事
速報