馬場雄大の父親は元バスケ選手でジャイアント馬場と関係は?兄弟(姉)や家族も調査!
2024/03/27

広告

馬場雄大選手はプロバスケ界で注目を集める選手で、その父親、馬場敏春さんはかつてバスケットボールのプレイヤーとして著名でした。1955年生まれの敏春さんは、新潟県出身で、身長200cmの体躯を活かし、三井生命でプレー。北越商業高校時代には新潟県の準優勝に大きく貢献し、法政大学に進学後もポイントガードとして技術と身体能力の高さを発揮しました。その後、モスクワ五輪予選の日本代表にも名を連ね、引退後は富山でコーチや監督として後進の指導にあたっています。

一方、馬場雄大選手に関しては、「ジャイアント馬場」という検索ワードが気になる方も多いかもしれませんが、この二人の間に直接の血縁関係はありません。ジャイアント馬場は別人で、プロレス界の伝説的存在です。馬場選手と同じく新潟県出身で身長が高いことから、混同されることがあるようです。

馬場選手の家族構成についても興味深いです。父・母・姉との4人家族で、特にお姉さんは馬場選手がバスケを始めるきっかけを作ったとされています。幼少期、お姉さんが通っていたミニバス教室に父親がコーチとして参加し、それが馬場選手のバスケへの情熱に火をつけました。お母さんも若い頃はバスケをしており、馬場選手を支える重要な役割を担っています。

敏春さんの影響でバスケを始めた雄大選手は、富山第一高校で父親の下、磨きをかけた技術で今日の舞台に立っています。馬場一家はバスケットボールに情熱を傾け、その支え合いが雄大選手の成長に大きく寄与していることは明らかです。

これからの更なる飛躍が期待される馬場雄大選手の背景には、家族の絆とバスケへの深い愛があります。

広告

AD
記事
速報