女性客からホストへ「私とホテル行く?」とセクハラ発言も…歌舞伎町のモラル崩壊「生々しい現場ルポ」
2024/03/27

女性から男性へのセクハラはまだ社会的に厳しく扱われていない現在、女性が男性に対して行うセクハラについても意識が向上しなければならない。テレビ番組への出演中、真木よう子が新田真剣佑に対し過激な発言を繰り返し、視聴者の間で批判の声が上がった。若い男性に性的興奮を感じるのは自然なことかもしれないが、それを言葉で直接伝えることがセクハラであることを理解する必要がある。夜の街では男女を問わず、セクハラ行為が横行しており、ホストも女性客を対象にしたり、女性客がホストに対してしたりと、問題は深刻である。セクハラは相手を性的に見下す行為であり、誰もがその被害者となる可能性がある。モラルを持ち、相手を尊重することが重要だ。

広告

AD
記事
速報