小柳ルミ子、泣きながら黒柳徹子に本音を打ち明ける… 復帰絶望の真相に言葉を失う『サッカー好き』歌手、巨額な離婚慰謝料を受ける… 難病で激痩せした姿に涙が止まらない
2024/03/28

広告

小柳るみ子は日本の歌俳優で、福岡市で生まれました。 彼女はプラチナムプロダクションに所属しており、1970年に歌デビューしました。 小柳るみ子は数々のヒット曲を出し、NHK紅白歌合戦にも18年連続で出場しました。 2020年に右小指を骨折したが、ギプスのままライブに出演し、全く影響を受けなかった。 彼女はInstagramで骨折した顔の写真を公開し、骨折からの回復を目指すことを前向きに綴った。 小柳るみ子は離婚会見で慰謝料1億円を払うと発言し、批判を受けたが、後日それは離婚条件だったと明らかにした。 彼女はその後も活動を続け、歌やサッカー解説者として幅広く活躍している。 最近、歯の術を受けたことから痩せてしまい、ブログでその変化を報告している。

小柳るみ子さんの経歴とプロフィール

小柳るみ子は日本の歌俳優で、福岡市早良区で生まれました。母親の愛子は秋田県五城目町出身で、血液型はA型です。彼女はプラチナムプロダクションに所属しており、1970年に歌デビュー前にNHK連続テレビ小説「おしん」で女優デビューしました。1971年にはワーナーブラザースパイオニアより「私の城下町」という曲を発売し、160万枚以上を売り上げました。

広告

同年のオリコン年間シングル売上チャートで1位を記録し、第13回日本レコード大賞の最優秀新人賞も受賞しました。また、女優としても活動し、1983年には映画「白い斗争」で第7回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しました。さらに、テレビ番組「8時だよ!全員集合」にもゲスト出演が多く、その存在感を発揮しました。

小柳るみ子の右骨折でも出演する理由

歌の小柳るみ子は右の骨折を受けても出演を続けています。彼女が右骨折にも関わらず出演する理由は、仕事への情熱とプロ意識です。彼女は自身のInstagramやブログで、右骨折によるギプスの装着を公開し、仕事の打ち合わせやイベントのキャンセルが相次いだことを報告しています。しかし、彼女は自身の回復を目指して頑張る姿勢を持ち、ファンにもお酒には気を付けるようメッセージを送っています。そのため、彼女はプロフェッショナルとしての自覚と責任感から、ギプスを通す衣装で出演するなど、最大限の努力をしています。

小柳るみ子の巨額な離婚の慰謝料について

歌の小柳るみ子は離婚に際し、巨額な慰謝料を支払うこととなりました。当初、小柳さんは13歳年下のダンサーとの結婚を発表しましたが、この結婚には所属事務所や周囲からの大反対がありました。離婚の原因は、夫の浮気問題であることが報道され、小柳さんは離婚会見で慰謝料1億円の支払いを宣言しました。当時、彼女は「共済鬼嫁」というレッテルを張られるなど、大きなバッシングにさらされましたが、後日、実際には大隅さんが離婚の条件として慰謝料1億円を提案したことが明らかにされました。この結婚生活は破綻しており、真実が分かれば口に出せないほど悔しかったことが伺えます。一方、大隅さんはその後、女優の大江麻理子と再婚し、仕事も順調に進んでいますが、小柳さんはこの発言が仕事の減少につながったようです。

広告

AD
記事
速報