木製バットの青森山田・対馬が貴重な同点打 七回まで広陵・高尾にノーノー許すも
2024/03/27

広告

 青森山田・対馬陸翔外野手(3年)が貴重な同点適時打を放った。

 吉川とともに、低反発バットが導入された今大会で唯一、木製バットを使う。2点ビハインドの八回。ここまでプロ注目の高尾にチームは無安打だった中、先頭の代打・蝦名(2年)が左中間への二塁打で出塁。その後1死から連続四球で満塁の絶好機を作ると、対馬は高尾の初球外角スライダーをバットの先ではじき返し一、二塁間を破る同点適時打をマークした。

広告

AD
記事
速報