トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられ8年経った現在…
2024/04/01

広告

2010年、トイレの神様で一躍有名になった植村花菜。その感動的な歌声で多くの人々を魅了し、NHK紅白歌合戦にも出場するなど一躍人気者となりました。

しかし、その後彼女の姿は見えなくなり、業界から見放されたような状況が続いています。その理由は3つあると言われています。

まず、植村花菜が和田アキ子に怒られたことが一つの要因として挙げられます。彼女の楽曲「トイレの神様」の尺が長すぎるとして、短くするように要望がありましたが、これに対して植村花菜は難色を示しました。その後NHKが特別扱いをしたことに怒った和田アキ子に対し、植村花菜は疎まれてしまったとも言われています。

さらに、所属事務所の社長との確執も消えた理由とされています。2012年にその事務所を退所した植村花菜が、その社長との確執が原因で干されたと言われています。

最後に、トイレの神様に比肩するヒット曲がなかったことも、彼女の消滅の一因とされています。トイレの神様が大ヒットした後も、その後のヒット曲を生み出せず、芸能活動が停滞してしまったのです。

現在、植村花菜は個人レーベル「Hanana Records」を立ち上げ、芸名を「Ka-Na」としてニューヨークを拠点に活動しています。

広告

トイレの神様で一躍有名になった彼女が、新たなスタートを切っている姿に、多くの人々が注目しています。一発屋とまでは言われることもあるが、彼女の新たな活躍に期待が寄せられています。彼女のこれからの展開に注目が集まる中、ネット上では様々な反応が寄せられています。 トイレの神様で一世を風靡した植村花菜が消えた理由、そして彼女が新たな舞台で活躍する姿に、多くの期待と注目が寄せられています。

広告

AD
記事
速報