ガソリンスタンド店員が静電気除去パットに触れない理由…意外と知られていない理由があった
2024/03/28

広告

セルフ給油スタンドで見かける静電気除去パッドは、給油前に触れることが推奨されていますが、フルサービス式のガソリンスタンドで働くスタッフがこれに触れていないのを見たことはありますか?この行動には、意外と知られていない理由があります。

静電気は、体や衣類の摩擦によって発生し、特に冬場の乾燥した時期には発生しやすいとされています。静電気が溜まった状態で給油すると、ガソリンの引火点が低いため、静電気の火花で可燃性蒸気が着火する危険があります。これを防ぐために、静電気除去パッドが設置されているのです。

一方、フルサービスのガソリンスタンドのスタッフは、静電気が帯電しにくい状況にあります。彼らは静電気帯電防止作業服や靴を着用し、常に地面に足をつけたり、金属の車体に触れたりしているため、帯電しにくくなっています。さらに、スタンドでは地面に水を撒いて静電気を防ぐ対策も行われています。

広告

AD
記事
速報