フジ「すべらない話」テレビ欄の“縦読み”に隠されたメッセージが反響 アナタは気づきましたか?
2024/03/27

広告

1月29日に放送されたトークバラエティ番組『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)が、新聞のテレビ欄に隠された粋なメッセージで注目を集めました。番組紹介の文章に仕掛けられた縦読みメッセージは、視聴者から多くの反響を呼び、笑いと感動を届けました。

29日の朝刊に掲載された『人志松本のすべらない話』の番組紹介文。一見すると、出演者や見どころを紹介した通常の文章に見えますが、各行の頭文字を縦に読むと「こんな時コソ家デ笑王」というメッセージが浮かび上がります。これは、「こんな時こそ家で笑おう」という意味であり、コロナ禍で不安やストレスを抱える人々に、笑いで元気になってほしいという番組の想いが込められています。

この粋な計らいは、SNSで瞬く間に話題となりました。「粋な事するねーぇ」「ホント素敵」「すべらない話の、テレビ欄の縦読みが~粋だね!」「笑いは大事ですね粋な計らい」など、喜びや感動の声が続出。コロナ禍で沈みがちな気持ちを、番組の遊び心と温かいメッセージが明るく照らしました。

『人志松本のすべらない話』は、芸人たちが自身の体験談を披露し、最も面白い話を決めるトークバラエティ番組です。今回は、初出場6名を含む実力派の芸人たちが集結。それぞれの個性が光る“すべらない話”で、視聴者を笑いの渦に巻き込みました。

コロナ禍で、人々は様々な制限を受け、不安やストレスを抱えています。『人志松本のすべらない話』は、今回の粋な計らいを通じて、笑いの持つ力を改めて人々に伝えました。

広告

AD
記事
速報