千鳥・大悟、相談をあえてピース又吉にする“理由” 「『大変ですね』じゃなくて…」
2024/03/28

広告


■あの「自分が1番自分のこと分かってる」

同回の放送に出演したアーティストのさんは、どんな人が自分の理解者なのかを見極めることができず、仕事のことを誰にも相談したことがないそう。

「この人(は自分のことを)理解してくれてるな」と思うきっかけが分からないというあのさんは「どういうときに人に相談するんだろう」とこぼし、「自分が1番自分のこと分かってるって思っちゃってて」「何言われても『自分はこう』みたいなのがあっちゃって…。ずっと(自分が)決めちゃってたから」と打ち明けます。

■相談は受けの上手い又吉に

すると、大悟さんは「相談ってな、上手い人おんねん」と切り出し、悩みがあるときは必ず相談をするという又吉さんの名前をあげます。

又吉さんは「とにかく受けが上手い」とのことで、大悟さんが「こんなんあんねん」と悩みを打ち明けると、又吉さんは「大変ですね」ではなく、「大悟さんだから悩むことですね」と声をかけてくれるそう。

この言葉について大悟さんは「なんかもう気持ちええやん?」「『これってほかの奴なら悩まんけど、ワシやから悩むことなん?』とか。しゃべれば楽になるというか」と又吉さんの気持ちのいい返しに何度も救われてきたことを明かしました。

■あの、又吉の返しに「良いかもしれない」

大悟さんの話に「たしかに!」と声をあげたあのさんは、「結局、人と人だから分かり合えないとか理解してもらえないって思っちゃってるから、それ(又吉さんの言葉を)言われると、『いや、そうなんだよね』って思えるから良いかもしれない」と深く共感。

すると、大悟さんは「そういう人がそのうち出てくるとね」とあのさんへやさしく声をかけました。

広告

AD
記事
速報