羽生結弦の妻・末延麻裕子との“授かり婚”の真相…母親が明かす真相に言葉を失う…「僕は必死に隠したのにお母さんが…」共演歴と共通点に驚きを隠せない…
2024/05/30

羽生結弦さんが結婚を発表したのは、2023年8月4日でした。SNSに投稿された結婚の報告文には署名が添えられていましたが、結婚について触れているのはわずか一行のみ。まるでスケートと結婚したかのような、プライバシーを重視した発表でした。

その結婚が“授かり婚”だという噂が飛び交っています。お相手は元バイオリニストの末延麻裕子さんと言われています。

末延さんは有名音大出身で、かつては芸能事務所に所属し、音楽番組やコンサートにも出演していましたが、2016年以降は音楽活動を休止し、現在は家庭に専念していると見られています。

羽生さんと末延さんの出会いは、フィギュアスケートのテーマソングを末延さんが演奏したことがきっかけでした。

羽生さんが世界選手権で演じたプログラムを共に披露するなど、共演歴も豊富です。二人とも幼少期から芸術に全てを捧げてきたため、共鳴する部分が多いと言います。

羽生さんの母親が 「僕は必死に隠したのに、お母さんが…」と語ったエピソードもあります。

広告

羽生さんの結婚についての真相を明かす母親の発言は、多くのファンに驚きを与えました。彼の結婚が授かり婚であることを示唆する内容でしたが、詳細については明かされていません。

さらに、 羽生結弦さんの被災地支援活動も注目されています。彼は東日本大震災で被災した経験から、積極的に復興支援を行っています。

震災後、多くの被災地を訪れ、復興支援に尽力しました。被災地のためにアイスショーを開催し、被災者に希望を届ける活動を続けています。

結婚後も羽生結弦さんのスケートに対する情熱は変わりません。妻である末延麻裕子さんも彼の活動を理解し、支えています。二人の共演歴や共通点、そして被災地支援への情熱が、彼らの強い絆を物語っています。

広告

AD
記事
速報