芸能 “タモリ勇退説”のウラに事務所の衰退 お笑いビッグ3の一角と芸能界のドンが同時引退?
2024/03/28

広告

日本のお笑い界の重鎮であるタモリさんが、長年のキャリアに幕を閉じようとしています。彼が長年出演してきたNHKの人気番組『ブラタモリ』が3月9日に終了したことが、タモリさんの芸能界引退への現実味を帯びさせています。これに伴い、タモリさんが所属する田辺エージェンシーにも大きな変化が訪れています。

田辺エージェンシーは、1960年代後半に一世を風靡したグループサウンズ『ザ・スパイダース』のリーダー、田邊昭知氏によって設立された老舗の芸能プロダクションです。田邊氏は業界内で「芸能界のドン」と称され、多くの芸能人に影響を与えてきました。しかし、田邊氏は今年2月、社長職を退き会長に就任し、事務所の規模縮小も進められています。

その中で、タモリさんの今後の動きが注目されています。昨年3月には40年以上続いた深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)が終了し、現在残るレギュラー番組は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のみです。テレビ朝日の関係者によると、『ミュージックステーション』のリニューアルが検討されており、タモリさんの勇退説も浮上しています。

タモリさんは、日本のテレビ界において、その独特のユーモアとキャラクターで長年親しまれてきました。彼の引退が現実となれば、多くのファンにとっては大きな喪失となるでしょう。一方で、田辺エージェンシーの変革やタモリさんの次なるステージに対する期待も高まっています。約半世紀に渡る芸能界での活躍を経て、タモリさんの新たな一歩が注目されます。

広告

AD
記事
速報