記事
馴染みの和料亭で客「ここは若造が来るような店じゃねえ!」すると(ガラガラ…)店「いらっしゃい」客「あ!社長!」→社長「君たち知り合い?」→俺の正体を知った結果w
2024/07/10

広告

ある夜、私は馴染みの和食料理屋に足を運んだ。ここは私の知り合いが営む店で、カウンター席が落ち着いた雰囲気を醸し出している。その夜も例に漏れず、カウンターには会社員風の先客が3人、酒を酌み交わしながら楽しげに話していた。

私はいつものようにカウンターの端に座り、一人で静かに食事を楽しむことにした。しかし、10分ほど経つと、先客の一人が私に気づいたらしく、嫌味を含んだ声で「 ここは若造が来るような店じゃねえよな!」と言い放った。その瞬間、他の二人も同調し始めた。

「最近の若者は礼儀がなってないんだよな」

広告

と一人が言えば、「こんなところに一人で来るなんて、何考えてるんだか」ともう一人が続けた。彼らの声はどんどん大きくなり、私は次第に苛立ちを覚えた。静かに食事を楽しむつもりが、まるで非難の的にされているような気分だった。

その時、店の入り口が開き、60歳くらいの男性が入ってきた。「いらっしゃい」と店の主人が迎えると、先客の3人は一斉に姿勢を正し、敬語で話し始めた。「 あれ、今まで一緒だったの?」と男性が尋ねると、先客たちは慌てて言い訳を始めた。

その男性こそ、私の会社の社長だったのだ。

広告

社長は私を見つけ、「おや、君もここにいたのか。よくやっているね」と微笑んだ。先客たちは驚いた顔をして私を見つめ、その態度が一変した。

「この方は私の大切な部下なんだ。君たちは礼を欠いたようだね」と社長が言うと、先客たちは深く頭を下げて謝り、「申し訳ありませんでした」と口を揃えた。社長は私に「 今日はゆっくり食事を楽しんでくれ

」と優しく声をかけ、先客たちに向かっては「 これからはもっと礼儀正しく振る舞うように」と厳しい声で注意した。

その後、社長は私と共にカウンターに座り、和やかな会話を交わした。先客たちはすっかり大人しくなり、私に対して敬意を払うようになった。その夜の出来事は、私にとって大きな自信となり、社長の温かい言葉とサポートに感謝の気持ちを深めるきっかけとなった。

社長との会話の中で、私は自分の仕事に対する意欲や考え方を改めて見つめ直すことができた。「 君は本当によくやっているよ。もっと自信を持って、自分の道を進んでくれ

広告

」と社長は言い、私はその言葉に励まされた。

結局、その夜は社長と楽しい時間を過ごし、先客たちも私に対して丁寧な態度を保ち続けた。彼らの態度の変化を目の当たりにし、自分の立場や価値を再確認する貴重な経験となった。そして、社長の温かいサポートと信頼に対する感謝の気持ちが、私の心に深く刻まれた。

その後も、私は仕事に励みながら、あの夜の出来事を思い出しては自信を取り戻すことがあった。社長の言葉と態度が、私の背中を押してくれたからだ。人々の態度が一瞬で変わる様子を目の当たりにしたことで、私は自分自身の成長を実感することができた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3hUybJ_8FUA&t=16s,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

この可愛らしい女子高生が部活でとんでもない目に・・・これは許せない・・・
2024/07/15
『離婚しましょ』と重々しく切り出した私に『その前に、お前さ・・』と旦那がとんでもない話を始めた
2024/07/12
就活で面接官「あなたは回答しなくていいです」と最後まで無視された。理由を聞いてみたら、面「履歴書の住所が間違ってる」私「えっー」→後日、調べてみたら…
2024/07/11
見知らぬ車が一週間以上も違法駐車→俺「駐車場の補修するんでいいですか?」管理人「どうぞ」→車に毛布とブルーシート被せ…
2024/07/11
新聞の相談コーナーに『40代の男性が自らの恋心』 をぶつけて返ってきた痛恨の一撃が話題
2024/07/09
新聞に届いた無神経すぎる姑の質問内容に絶句。しかしこの姑は、見事なほどの公開処刑に合うことに・・・
2024/03/27
新聞の相談コーナーに『40代の男性が自らの恋心』をぶつけて返ってきた痛恨の一撃が話題
2024/02/01
驚くべき相談を持ち掛ける前代未聞の男性、対する教師の驚くべき返答に「鮮烈すぎる」
2024/02/01
女「この人触りました」冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女「許して…」警察「それだけはご勘弁を…」
2024/02/01