【破局】広瀬アリス&大倉忠義の別れの真相、破局報道の陰に「性格良すぎ」ゆえの苦悩!?「悪く言う人は誰もいない」
2024/05/29

広告

女優の広瀬アリス(29)と関ジャニ∞改め『SUPER EIGHT』の大倉忠義(38)が破局していたことを4月24日『女性セブン』が報じた。

二人は’21年放送のフジテレビ系ドラマ『知ってるワイフ』で夫婦役を演じたことがきっかけで交際に発展し、’22年に交際が発覚していた。旧ジャニーズ事務所所属タレントでは、今年に入ってここまで『KinKi Kids』の堂本剛(45)、『NEWS』の小山慶一郎(39)と加藤シゲアキ(36)らが続々と結婚を発表しているだけに、アリスと大倉が年内にゴールインする可能性もささやかれていた。

『女性セブン』によると、アリスは’22年に体調不良で舞台を降板し休養していたが、昨年は主演ドラマや大河出演で超多忙に。その時点ではまだ体調は万全ではなく、近くで誰かに支えてほしかったときに大倉が不在がちだったことから、思うところがあって別れを決意したと報じられていた。そして、二人で長い時間を過ごした部屋から離れるため、アリスは昨年末に引っ越したという。

芸能界での先輩たちにも愛されているようで、これまで出演したテレビ番組では唐沢寿明(60)、谷原章介(51)、及川光博(54)、佐藤二朗(54)、水野美紀(49)らと〝飲み友〟であることを明かしている。さらには、かつて、数々のスキャンダルを暴露して芸能界を恐怖に陥れた〝あの人〟でさえ、自身のYouTubeチャンネルでアリスの人柄を絶賛していた。

しばらくは〝仕事が恋人〟で頑張るしかないのかもしれない。

広告

AD
記事
速報