小芝風花「初の大河」出演前に″年内で事務所独立″4クール連続でドラマ出演&ヒロイン…
2024/05/28

オスカーのエース CM出演10社以上、4クール連続でドラマ主演&ヒロインを務め、 夏ドラマでも主演が決定。やっぱり働きすぎだったのか?

マシンガントークが話題となった『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系)のラジオパーソナリティから『転職の魔王様』(フジテレビ系)の転職エージェント、『フェルマーの料理』(TBS系)のシェフ、『大奥』(フジ系)では将軍の正室――。

4クール連続でドラマ主演&ヒロインを務め、CMに目を向ければ「SMBCモビット」や「ランチパック」(山崎製パン)など10社以上に出演中と、まさにテレビで観ない日はない小芝風花(27)。

来年の大河『べらぼう 〜蔦重栄華乃夢噺(つたじゅうえいがのゆめばなし)〜』の出演も決まり、夏ドラマ『GO HOME〜警視庁身元不明人相談室』(日本テレビ系)の主演を務めることが発表されたタイミングで、彼女に関する衝撃的な情報がFRIDAYに寄せられた。

「来年の大河出演が決まっているが、年内いっぱいで小芝は所属事務所のオスカープロモーションを退所。独立する」

というのだ。情報提供者は小芝に近い関係者で「彼女の独立は事務所内の一部にしか知らされていないトップシークレットで、概ね合意に達したと聞いている」

広告

と続けるのであった。

キー局プロデューサーが驚愕する。

「’19年から’20年にかけて米倉涼子(48)や剛力彩芽(31)、忽那汐里(くつなしおり)(31)ら主力タレントが次々と抜けた事務所の危機を救ったのが小芝でした。いまや、上戸彩(38)、藤田ニコル(26)と並ぶ稼ぎ頭です。ただ、上戸は子育てがあるからCMが中心。

ニコルはモデルと商品プロデュース、タレント業が主。主演級でドラマ、映画に出演しつつ、CMにもガンガン出演するオスカーの看板女優にしてエースは小芝をおいて他にいない。抜けるとなれば、大変な痛手となるはずです」

FRIDAYの取材では、両者の間にトラブルが起きた形跡は見られなかった。ならばやはり、「働きすぎ」が影響しているのか。

「インタビューで『精神的にいっぱいいっぱいになることはある』と言っていたことはありましたが、彼女は『求められることがうれしくて限界を超えても頑張りたい』とも公言している。小芝は’12年のデビューからブレイクまで時間がかかった。地道にオーディションで仕事を勝ち取ってきただけに、オファーが来るありがたみを人一倍感じている。スケジュールがキツくて文句を言っている姿は一度も見たことがありません」

広告

(民放幹部)

オスカープロモーション宣伝部の担当者はこう回答した。

「現状、(独立するという話は)聞いたことがありません。7月クールのドラマでは主演を務め、年明けからはNHK大河ドラマに出演することになっています」

自身初となる大河出演前に、小芝は大きな決断を下すのか――。

広告

AD
記事
速報