“魔性の女”はもう封印か…48歳・葉月里緒奈の激変姿に「これ本当に本人?」
2024/06/10

俳優の葉月里緒奈の〝激変〟した姿が、ネット上で注目を集めている。

葉月は現在、ゴルフを趣味にしているようで、自身のインスタグラムで、横浜市にある100年の歴史がある名門クラブでプレーしたことを報告した。

投稿には、高級ブランド「モンクレール」のダウンベスト姿が映る動画を添えたが、これを見たネットユーザーがびっくり。スレンダーな体型は若かりしころを彷彿させるものの、すっかり熟した顔つきに《えっ、一瞬誰だかわからなかった》《これ本当に葉月里緒奈さん?》などといったコメントが続出している。

葉月は1993年に山田太一さん脚本のドラマ『丘の上の向日葵』(TBS系)で女優デビュー。透き通るような美肌と華奢な体つき、憂いのある表情から「美少女女優」と呼ばれ、アイドル顔負けの人気を博した。

ところが、95年に映画『写楽』で共演した真田広之との不倫が発覚すると、事態は一変する。

当時、真田は俳優の手塚理美との間に2人の子どもをもうけ、「おしどり夫婦」といわれていたが、不倫が明るみに出たことで離婚。葉月は幸せな家庭を壊した〝悪女〟として、世間から猛バッシングを受けた。

その後、葉月はハワイの寿司職人、不動産会社経営者と立て続けに結婚、離婚を繰り返し、現在は一般男性と再々婚し、都内で生活しているという。

広告

ゴルフを趣味にしているのは、現在の夫の影響があるのかもしれない。

数々の男たちを翻弄してきた葉月だが、現在は48歳になり、2004年に出産した長女もすでに成人している。

まるで別人のように変わってしまったのは、安定した生活にすっかり慣れきってしまったからなのかもしれない。

広告

AD
記事
速報