元天才子役・美山加恋「痩せ細った姿」が衝撃的 8キロ減で別人「痩せすぎ」「すごい」
2024/06/09

人気子役として活躍した女優・美山加恋が3日までに自身のインスタグラムを更新し、8キロ減量した姿を披露した。

 1日放送のフジテレビ系ドラマ「院内警察」第8話に出演した美山。役柄について「長濱ねるさん演じる川本の同級生で、病院に緊急搬送されてきますが…なぜか痩(や)せ細った姿に」と説明。「画面を通しても伝わるように、本気で役作りに挑みました」と写真をアップした。

顔はかなりほっそりし、首も骨が浮き出ている。放送終了後にストーリーズを投稿し「初めて本格的な減量をし、―8kg減しました。(現在はすっかり元通り笑)」と、役作りで痩せたことを明かした。「減量をしている時間は、同じくらい茉莉の心と向き合った時間。どこに向けたらいいかわからない怒りとか、悲しみ、くやしさ。茉莉の心は苦しかった」と振り返り、「画面を通して届いていたらうれしいです。ありがとうございました!」とつづった。

広告

 別人のような姿にフォロワーは「美山加恋の役作りすごい。病的に痩せてるように見えた。プロだ」「めっちゃ痩せてる」「本当だ。痩せすぎ」「あの、りんちゃん?」と驚いた。

 美山は7歳だった頃に出演した2004年のフジテレビ系ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で草ナギ剛演じる小柳徹朗の娘・小柳凛役を演じ、天才子役として人気となった。27歳になった現在は、すっかりキレイになった姿を度々SNSにアップして反響を呼んでいる。

広告

AD
記事
速報