【驚愕】氷川きよし、活動休止の裏で何が…!?独立して新会社「KIIZNA」立ち上げ→まさかの展開に!
2024/06/05

広告

昨年の元日から歌手活動を休止していた氷川きよし(46)が、ついにGW前に再始動した。 所属する長良プロダクションを3月31日で退所し、新会社「KIIZNA(キズナ)」を設立したことを発表。また、8月16日に東京ガーデンシアターで開幕する25周年記念コンサートツアー(3カ所5公演)で、ステージに復帰するという。

 さらに、10月から全国4都市で25周年記念劇場コンサートツアーを開催することを今月1日に発表したのだ。

「所属事務所は氷川の独立を阻止するためなのか、新芸名にすると思われていた『KIINA』と『Kiina』で昨年5月に商標登録を出願。ところが、現在まで認められていないのです。おそらく、このまま認められないメドが立ち、支障がなくなったので氷川も再始動したのでは」(スポーツ紙芸能記者)

広告

 特許庁のデータベースによると、「氷川きよし」に関しては2013年8月に登録され、今年2月に更新されている。一方、「KIINA」と「Kiina」に関しては、今年3月1日付で同事務所あてに拒絶理由通知書が送付されているが、どういうことか。

すでに「音楽関係者やプロデューサーなどには復帰の青写真を伝えていて、新曲の準備もしている」(事情通)というすでに「音楽関係者やプロデューサーなどには復帰の青写真を伝えていて、新曲の準備もしている」(事情通)という氷川きよし。8月のステージ復帰前に、正式な改名発表があるかもしれない。。8月のステージ復帰前に、正式な改名発表があるかもしれない。 所属する長良プロダクションを3月31日で退所し、新会社「KIIZNA(キズナ)」を設立したことを発表。また、8月16日に東京ガーデンシアターで開幕する25周年記念コンサートツアー(3カ所5公演)で、ステージに復帰するという。 さらに、10月から全国4都市で25周年記念劇場コンサートツアーを開催することを今月1日に発表したのだ。「所属事務所は氷川の独立を阻止するためなのか、新芸名にすると思われていた『KIINA』と『Kiina』で昨年5月に商標登録を出願。ところが、現在まで認められていないのです。おそらく、このまま認められないメドが立ち、支障がなくなったので氷川も再始動したのでは」(スポーツ紙芸能記者) 特許庁のデータベースによると、「氷川きよし」に関しては2013年8月に登録され、今年2月に更新されている。一方、「KIINA」と「Kiina」に関しては、今年3月1日付で同事務所あてに拒絶理由通知書が送付されているが、どういうことか。

広告

AD
記事
速報