記事
新聞の相談コーナーに『40代の男性が自らの恋心』 をぶつけて返ってきた痛恨の一撃が話題
2024/07/09

広告

ある日、一人の40代の男性が新聞の恋愛相談コーナーに手紙を送った。彼は仕事で多忙な日々を送りつつ、職場の同僚女性に恋心を抱いてしまったという。しかし、自分の気持ちを伝えるべきかどうか悩んでおり、その迷いを相談として投稿したのだ。この相談は珍しく、多くの読者の注目を集めた。

相談内容の詳細

相談者である40代の男性は、仕事に没頭する中で、ある日突然同僚の女性に惹かれてしまった。彼女の笑顔や一生懸命に働く姿に心を奪われ、自分でも驚くほどの強い感情を抱くようになった。

広告

しかし、その一方で、自分が40代という年齢であること、そして職場での立場を考えると、簡単には行動に移せないことを痛感していた。

彼は、「この感情を伝えるべきか、それとも胸に秘めたままにしておくべきか」という問いを、相談として新聞に送った。彼の心の中には、勇気を出して告白したいという思いと、失敗したときのリスクを恐れる思いが交錯していた。

答えの痛恨の一撃

しかし、彼の相談に対する新聞コラムの筆者からの返答は、彼の期待を裏切るものであった。筆者は、「40代にもなって恋愛にうつつを抜かすこと自体が恥ずべきことだ」

広告

と断言し、「その年齢では、仕事に専念するべきだ」と厳しい言葉を投げかけたのである。

さらに筆者は、「女性に気持ちを伝えたいのであれば、まずは相手の立場や気持ちを尊重すべきだ。

記事はまだ終了していません。次のページをクリックしてください

山奥で脱輪してる車発見。俺「よかったら引っ張り出しましょうか?」相手「お願いします。」しかし、助けてる途中気が変わって元に戻してやったw
2024/07/23
この可愛らしい女子高生が部活でとんでもない目に・・・これは許せない・・・
2024/07/15
『離婚しましょ』と重々しく切り出した私に『その前に、お前さ・・』と旦那がとんでもない話を始めた
2024/07/12
就活で面接官「あなたは回答しなくていいです」と最後まで無視された。理由を聞いてみたら、面「履歴書の住所が間違ってる」私「えっー」→後日、調べてみたら…
2024/07/11
見知らぬ車が一週間以上も違法駐車→俺「駐車場の補修するんでいいですか?」管理人「どうぞ」→車に毛布とブルーシート被せ…
2024/07/11
馴染みの和料亭で客「ここは若造が来るような店じゃねえ!」すると(ガラガラ…)店「いらっしゃい」客「あ!社長!」→社長「君たち知り合い?」→俺の正体を知った結果w
2024/07/10
新聞に届いた無神経すぎる姑の質問内容に絶句。しかしこの姑は、見事なほどの公開処刑に合うことに・・・
2024/03/27
新聞の相談コーナーに『40代の男性が自らの恋心』をぶつけて返ってきた痛恨の一撃が話題
2024/02/01
驚くべき相談を持ち掛ける前代未聞の男性、対する教師の驚くべき返答に「鮮烈すぎる」
2024/02/01