【驚愕】伊良部秀輝が残した遺書内容...妻の国籍や子供の現在に一同驚愕!『MLB』でも活躍したプロ野球選手の引退後の奇行がヤバすぎた!
2024/06/10

伊良部秀樹さんは兵庫県尼崎市出身で、日本のプロ野球史上最速投手として知られています。ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の主力投手として活躍し、平成初期の野球界を盛り上げた立役者でした。彼の豪速球は、清原和博さんが「当たったら死ぬ」と恐れるほどのものでした。その後、彼は海外に活躍の場を移し、1997年にはニューヨーク・ヤンキースの日本人初メジャー契約選手となりました。メジャーでの初登板、初先発、初勝利など、日本人としての記録を次々と打ち立てました。

しかし、その後の彼の人生は波乱に満ちていました。2008年には大阪市内のガールズバーでのトラブルで逮捕されるなど、困難な時期を迎えます。アメリカに戻り、うどん屋を開業するも、2007年に廃業。その後も再び現役復帰を果たすなど、試行錯誤の日々を送りました。

伊良部秀樹さんは1999年に韓国人の妻、京子さんと結婚し、二人の子供に恵まれました。しかし、夫婦関係は次第に冷え込み、別居状態となりました。2011年7月27日、ロサンゼルスの自宅で首を吊って亡くなっているのが発見されました。自殺の背景には、仕事や将来への不安、そして家族との不和があったとされています。

広告

彼の死後、近親者のみで葬儀が行われましたが、日本から駆けつけた彼の姉と妹は参列を拒否されるなど、驚きの事態が続きました。さらに、彼の遺言にはロサンゼルスのリトルトーキョーにある東本願寺に納骨してほしいとありましたが、妻の京子さんは無縁仏として納骨しました。この対応に多くのファンが驚きと憤りを感じました。

伊良部秀樹さんの生涯は、栄光と挫折、そして悲劇に満ちていました。彼が平成の野球界に残した功績は計り知れませんが、その最期がこれほどにも悲しいものだったことは、彼の家族やファンにとって非常に無念なことでしょう。

広告

AD
記事
速報